Entries posted at 2014年10月30日:
添付文書を失くした時に頼れる医薬品情報データベース

医薬品情報データベースに関与する添付文書を万が一失くしたという場合であっても、冷静になって紐解いていくような行動を取れば、解決の方向性を自らで導き出していくことも可能です。
特に最近は医療の現場でもコンピュータを用いたシステム化が本格化しているため、医薬品情報データベースにおける収集や管理は重要な意味合いを持つものになっています。
それから、患者ひとりひとりの医薬品情報データベースを複数の病院で共有していくような方針も打ち出されていますが、個人情報およびプライバシーの問題の克服等にまだまだ時間を要しているという実情もあるのです。
更なる情報を提供してくれる添付文書は、医学自体の発展にも大きく関係していく内容であることから、今後の充足化が重要なことにもつながるという意見も出てきています。
今までの情報を整理していくことで、医薬品情報データベースに関与していく内容にも敏感になっていく方向性が生まれていくのです。
できる事柄から順番に行っていく方針を打ち出すことで、未来へつながっていく内容を得る方向性も生まれていくのです。
医療は人命に関わっていく重要な存在であるため、日進月歩であってもきちんと見ることが大切です。

レボノルゲストレルの添付文書

望まぬ妊娠を避けるための避妊薬、いわゆる緊急避妊薬として、2011年に発売開始された薬がレボノルゲストレルです。
避妊具を持参していなかったときや経口避妊薬を忘れていたときなどに使用することができるわけです。
もちろん、望まない妊娠というくくりでは、レイプ被害などの犯罪に巻き込まれたときのも有用で、性行為があってから72時間以内に1回1.5mgの服用が添付文書に記載されております。
レボノルゲストレルはノルゲストレルの異性体で、排卵抑制作用をもたらすことが知られており、そのほか受精阻害、受精卵着床作用阻害の効果があるのです。
臨床試験が行われた際の海外からの報告では成功率が84%といった高確率での効果が見込まれております。
この避妊薬は既に海外では十数年前から使用されており、WHOでも緊急避妊薬として指定されており、国際的な観点からも、既に認められた存在といえます。
人により個人差はあるものの、薬剤にはある程度の副作用が認められるようにレボノルゲストレルについても、これまでに消退出血を筆頭に、不正子宮出血、頭痛、悪心といった症状が確認されています。
服用の際には添付文書をよく読む、医師と充分話し合うなどの対処が必要です。

レボノルゲストレルの過剰摂取

レボノルゲストレルは、緊急避妊薬で、避妊以外にも月経周期の乱れを改善したり、生理痛・生理不順を解消するため使用されています。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されていて、両ホルモンを補充することで、卵胞が大きくならず、排卵が起こらなくなります。
子宮内膜の増殖が抑えられることから、受精卵が着床しにくい状態となり、妊娠がよりしにくくなります。
レボノルゲストレルは、月経が始まった日より28日間連続して同じ時間帯に服用します。最初の1週間は他の避妊法を併用する必要があり、1週間後より避妊効果が現れてきます。
誤って過剰摂取してしまうと、悪心・嘔吐・消退出血、または思わぬ副作用を伴う可能性があるため、医師の診断を必ず受けるようにします。
服用し始めたばかりの時は、頭痛や吐き気、乳房痛などの副作用が発生しますが、体が慣れてくると次第に軽快してきます。
レボノルゲストレルの服用の際は、喫煙は控えるようにし、水分を多めに摂ったり体を動かすことが大事です。
喫煙者が服用すると血栓症のリスクが高くなるため、服用中は喫煙が強く禁止されています。薬の飲み合わせによっては避妊効果が弱まることがあることから、病院にかかるときは、服用していることを必ず伝えるようにします。