レボノルゲストレル飲み忘れたら知恵袋で相談するべきか

緊急避妊薬のレボノルゲストレルは、性交渉の後72時間以内に飲まないといけません。医師に処方されたその場で2錠を飲む方法が広まっていますが、2回に分けて服用する方法がとられていることもあります。この2回目を飲み忘れた場合、どうすれば良いのでしょうか。ピルの飲み忘れのように知恵袋で相談する人もいます。
レボノルゲストレルの2錠目の飲み忘れに気づいたら、できるだけ早めに服用する方が良いでしょう。海外で販売されているレボノルゲストレルのジェネリック医薬品であるマドンナを個人輸入して服用している人もいますが、そのお薬の場合も気づいた時点で飲んだ方が良いです。ただ、時間通りに服用しないと避妊の成功率は下がってしまいます。緊急避妊薬は吐き気やめまいなどの副作用が起きることもあり、12時間後まで起きていて飲むのが辛いので飲み忘れて避妊に失敗するケースもあります。特にレボノルゲストレルが日本で認可販売される前に主流だったアフターピルのヤツペ法で、副作用が酷すぎたりして2回目の服用が時間通りにできないことが多かったそうです。副作用が少ないレボノルゲストレルは、飲み忘れが起きないように一気に必要量を飲める点がとても画期的です。マドンナを服用する時も、有効成分は同じなので、飲むのを忘れてしまいそうなら1回で飲む方法をとっても構わないでしょう。
知恵袋では、レボノルゲストレルやマドンナの正しい服用方法は1回なのか2回なのかという質問がされています。お薬の箱に書かれている使用方法では、12時間後に2錠目を飲むように説明されているので不安になるのも無理はありません。医師の指導の下に、レボノルゲストレルやマドンナを1回で2錠飲むのは何ら問題のない服用方法です。知恵袋では、妊娠の阻止率についても詳しく回答されています。