レボノルゲストレル、何錠飲めばいいの?

レボノルゲストレルは緊急避妊薬として知られている黄体ホルモン剤です。
避妊に失敗した時や望まない行為での妊娠の可能性がある時に飲むもので、月経困難症やPMSの方にも処方されることがあります。
レボノルゲストレルはいつ何錠くらい飲めばいいのかということですが、この薬は性交後72時間以内に2錠を飲む必要があります。
使用するには必ず医師の処方せんが必要になるので受診しなくてはいけません。
副作用として吐き気や頭痛、眠気などもありますが、副作用が出てしまっても軽いものであることが多く、飲み続ける内にピルに体が順応して副作用が起きなくなることも少なくありません。
厚生省の認可を得ている薬に配合されているので安心ですし、従来の薬と違って服用が1回だけでいいというのもメリットといえます。
また避妊の効果も実に85パーセントという高い数値を出しています。

妊娠しているかどうかは生理が来るかどうかでわかります。
服用してから数日後に出血が見られる場合がありますが、通常は次の生理予定日にきちんと生理が来ます。
しかし予定日を1週間過ぎても生理がこなかった場合には妊娠検査をしてみるのが良いです。
検査をした時に陰性でもその後生理がまだこなければ、もう一度検査をしてみましょう。
緊急避妊薬はあくまでその時の1回限りの避妊に効果的なのであって継続的な避妊効果はありません。
その場合には通常の低容量ピルの処方を受けて服用するのが良いです。
またピルには性感染症の予防効果はありませんので、もちろんコンドームなどを使って二重に避妊防止、性感染症防止をすするのがベストです。
また普段から月経周期などもしっかりと把握しておくと役立ちます。